『不変の価値』東京公演、ポストトークゲスト発表!

お待たせしました、「ほんとにトークとかできるのかよ?」とご心配の方もいらっしゃったでしょう。
『不変の価値』東京公演のポストトークゲストをご紹介します!

フェスティバル/トーキョー12 公募プログラム
集団:歩行訓練『不変の価値』
ポストパフォーマンストーク

22(木) 19:30 松田正隆(マレビトの会)×谷竜一(集団:歩行訓練)
 松田正隆さんをお招きして、F/T主催プログラム、
 衝撃の超長時間上演作の『アンティゴネーへの旅の記憶とその上演』と、
 『不変の価値』を踏まえて、声のこと、言葉のことについて。
 それから、少しだけ、山口のことも。
『アンティゴネーへの旅の記憶とその上演』F/T作品ページ
『アンティゴネーへの旅の記憶とその上演』特設サイト
マレビトの会

23(金) 19:30 鹿島将介(重力/Note)×谷竜一(集団:歩行訓練)
 どうしても作品を踏まえて話してみたかった。
 同じく公募プログラム、同日程で『雲。家。』公演中の重力/Note演出の鹿島さん。
 公募プログラム全体のポストトークに谷が参加できない可能性がある(?)ため、
 公演中、無理して来ていただきます。
『雲。家。』F/T作品ページ
重力/Note

24(土) 13:00 長谷川寧(冨士山アネット)×『不変の価値』キャスト(人見彰、高橋勇作、齋藤寛貴、石下未和)
 韓国での滞在制作を終えたばかりの冨士山アネット長谷川寧さんをお招きし、
 「作品が旅をする」ということから見える、
 枝光、山口、東京の土地のこと、人のこと、作品のこと。
 ざっくばらんにお話してもらうトークになりそうです。
冨士山アネット

それから、これはオマケ。

21日(プレビュー)公演終了後に、「ポストパフォーマンスダメ出し」を行います。
お客さんも含めて、翌日に初日を迎える『不変の価値』への率直なご意見を頂いたり、
キャスト・スタッフが地道に反省する会です。

※21日は公開ゲネ(最終通し)と位置づけさせて頂いております。そのため、団体都合により英字幕・twitter反映試写が入る可能性があります。
また、演出上の理由により、上演を一時中断する可能性があります(いかなる場合でも上演は最後まで行います)。予めご了承ください。